タロット占いってどうするの?タロット占いの方法が知りたい!

タロット占い
タロット占いってどうするの?タロット占いの方法が知りたい!

占いの王道である「タロット占い」、あなたは自分で占いをしたことがありますか?

タロット占いは本格的にすれば結構細かい部分まで占える占いなのですが、初心者や軽く占いをしたい人なら「大まかな」部分は占えます。

今回はライトな占いからディープな占いにまで応用可能なタロット占いについてご紹介します。


タロット占いの基礎知識


タロット占いには、大アルカナという22枚の「絵柄」カードを使う占いと、そこに56枚の「数字」のカードも合わせて78枚で占うやりかたがあります。

基本的には、22枚の絵柄のカードの方が強い意味合いをもち、そのサポート的な意味合いとして、56枚の小アルカナを用いる感じですね。

ちなみに「アルカナ」というのは「扉」という意味で、カードを使って運命の扉を開ける、という感覚で占いをしていきます。

タロットの起源は不明ながら古代エジプトではすでに使われていたのではないかという説もあります。

明確な証拠としては15世紀の北イタリアで製作されていたのが最古の記録となっています。

いずれにせよ、タロットの歴史は相当に古く、西欧諸国では昔からゲームや占いに親しまれてきた歴史があるのです。


タロットの基本的な占い方


タロットカードを利用した占い方には基本の順序があります。

1)シャッフル……タロットを混ぜる行為、カードを裏返して台などの上で
  両手で混ぜます。

2)スプレッド……カードを占い方によって「展開」することをスプレッドと
  言います。展開の種類については最後にご紹介します。

3)リーディング……表にしたカードにどんな意味があるか読み解きます。
  カードには色々な意味があるので、占った内容によって適切な読み解きを
  することがタロットの醍醐味であり、1番重要な部分です。


スプレッド(展開法)色々


○セブン・テーリング法

7枚の予言と呼ばれる占い方法です。対人関係の占いに向いています。

○ケルト十字法

大十字架占いともいう占いの方法で、細かい事象の占いに向いています。

○ホロスコープ法

黄道十二宮のように12のジャンルに分けカードを配列します。運命全般を占うのに向いています。

○陰陽法

2枚のカードを縦に配置する占いの方法です。初心者でも簡単に始められる占い方法です。

他にもタロット占いには占いの目的別に本当にたくさんの展開法があります。
まずは簡単な展開法から始めて、慣れてきたら色々な方法を試してみるとインスピレーションも強くなって、より占いの精度も上がりますよ。

タロット占い

潜在意識を豊かにするメルマガ

潜在意識の活用術についてメルマガで解説をしています。 また、無料動画のプレゼントもしていますので気軽にご登録ください。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)