自分にはどんな占いが合っている?自分に合う占いを見つけるには?

占い 自分にはどんな占いが合っている?自分に合う占いを見つけるには?

世の中には本当に色々な占いがあり、今もまた「新種」の占いが生まれ続けています。

そうした多数の占いがある中で、どうすれば自分に合った占いを見つけることができるのでしょうか?

今回は「自分に合った占いの見つけ方」についてご紹介していきます。


自分に合う占いは悩み別に見つけるのがスタンダード


自分が今、どんな占いを欲しているかというのは、自分が何を悩んでいるかで考えると見つけやすく、絞りやすくなります。

占いにはそれぞれ得意分野があったりもするので、そうした分野をみて見つけるといいんですね。

例えば自分の今後を占いたい場合はタロットやオラクルカードを使うと指針が見えやすいですし、星座占いは恋占いに強い、などですね。

ただ、占い師によって本当に「特化」していない限り、大体の占いでは運命・健康・恋愛・人間関係を占えるので、占い師の人の得意分野で考えるのもアリですね。


自分の性格や考え方から見つける場合


ここまでに触れてきましたが、占いというのは本当にたくさんの種類があります。

なかには「よく当たる」と言われても自分にとってはなんだか信じきれないな、という部類の占いもあることでしょう。

そうした「自分の考え方」に合った占いが探したいのであれば、各占いがどんな根拠で占い結果を出しているのかを知ると良いでしょう。

例えば字画・手相・四柱推命・九星気学などは、占いと言うより統計学に近く、特に後者2つは論理だった組織体系を持っていたりします。

ですから、四柱推命や九星気学は古代中国でも占いというより「術」として捉えられていたものでした。

一方でオラクルカードやタロットカードなどだと、どちらかと言うと占う人の直感やインスピレーション、宇宙からの交信というような、スピリチュアル色が強くなりますね。

水晶やヒーリングなどもスピリチュアルな感覚の強い占いになります。

では日本でも昔から親しみのある星座占いや血液型占いはどうでしょうか?


星座占いと血液型占いは占い?統計学?


日本で昔から盛んに話題になる占いと言えば星座占いと血液型占いです。

星座占いは本格的に行えば統計学に近くなる要素があり、そこに月や各天体の意味合いが加わって、ややスピリチュアルな要素も含んできます。

一方で血液型占いは最近では「何を根拠に?」とやり玉に挙がることが多くなりましたね。

確かに人間の血液型はABO式だけではありませんし、血液型によって性格が違うとなると、この世には4つの性格型しかなくなります。

ただ、血液型占いを「日本人」に当てはめると、この風土に住むA型は、とかこの風土に住むB型は…という解釈ができるので、すべてが全て間違っているわけではないということにもなります。

いずれにせよ、占いというのは「前向きになるために」するものです。

あなたを不安がらせて何かを売りつけたり、後ろ向きにさせるだけの占いならどんな占いでもしない方がマシですよ。

占い

潜在意識を豊かにするメルマガ

潜在意識の活用術についてメルマガで解説をしています。 また、無料動画のプレゼントもしていますので気軽にご登録ください。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前(ハンドルネーム)